HOME>アーカイブ>保育士として働くために資格を取得できる学校とは

保育士に必要なスキルや知識とは?

保育士は子供が何を求めているのか、何を訴えたいのかを知るためにも高いコミュニケーションスキルが求められます。

保育士の学校卒業後の就職先は?

幼稚園の先生として働くこともできる

幼稚園で働く先生は幼稚園教諭の資格が必要ですが、保育士も働けます。

認定こども園や保育園

幼稚園と保育園の両方の機能を併せ持つ認定こども園や保育園で働けます。

病院やクリニック併設の病児保育室

熱があったり感染症にかかっている子供を預かります。

企業内保育所でも働ける

企業独自で保育所を持っている場合、主にそこで働く人のお子様を預かります

学童保育や児童館で働く

主に低学年の子どもをメインで預かったり、子供向けのイベントを開催します

能力が身につく

園児と先生

保育士を育てる学校、いわゆる資格を取得できる教育の園ですが、音楽や造形、言語表現まで学ぶことができる能力に注目が集まっています。課題曲などをピアノやアコーディオンなどで演奏をしたり、色鉛筆を使って絵画で保育の場面をスケッチすることや、読み聞かせなどのスキルアップが期待できます。

就職までもサポート

園児と先生

保育士の学校では、確保しにくい人材を紹介するケースもあり、就職率の高さが注目を集めています。厳しい労働環境も持ち上がる業界ですが、早朝から深夜まで開所している保育施設をはじめ、ワークライフバランスや、スクールライフバランスがとりやすい仕事ばかりを紹介しています。もちろん、厳しい面もあります。子どもの命を守る、預かる重い責任感が必要ですから、学校や職場にはカウンセラーが在籍していることでカバーできる話しです。

広告募集中